ローマングラスとは、ローマ帝国内で使用されていたガラス製品で、作成された物で、紀元前27年からローマ帝国が東西を分裂をしてしまう395年までの約400年に渡って作られました。1600年から2000年前の古い時代に作られた製品です。
ローマングラスの色や形は様々で、キラキラとした部分、銀化した部分は、ガラスが土や砂の中に長い年月、埋もれていた証しです。
そして、ガラス成分が土に混ざり、鉄や銅、マグネシウムの成分によって、化学変化を起こしていきます。光の反射などによって、キラキラとした結晶が見えてきます。
とても、ロマンがあり、夢がある美しいローマングラスをネックレスに仕上げた商品です。
今回は、ローマングラスのネックレスを特別に、定価より70%OFFになります。

1点のみの商品ばかりですので、ご興味がありましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

詳細はこちら

※売り切れの商品は、順次非公開にしておりますが、店頭でも販売しているため、売り切れの場合はご了承くださいませ。